うちのゴルフは純正だとMDなので、CDヘッドに交換しました。
ただ、うちの車ってヨーロッパらしい?イルミ色なのが困りもの。
しかし、コイツならv(´∇^*)ォッヶー★です
IMG_0115.jpg
このようにイルミは、ばっちd(´・ω・`)グー!!です。
さ~て、用意したものはヘッドは、NakamichiのCD-500。そしてアンプは伝家の宝刀!!そう○udison LR32です。
IMG_0116.jpg
しかもアンプは、2機がけです。
タービンみたい(・∀・)ニヤニヤ 左右独立使いなら(惚 `ゝ艸・)[か][っ][け][ぇ][↑]ですが、前後のスピーカーを鳴らすための2機使いです。
後ろのスピーカーを鳴らすのは、この業界では反則といわれてますが( ゚Д゚)ナニカ?

配線類ですが
電源線は、その辺のホームセンターに売っているAVX線0.5。
スピーカーケーブルは基本は純正です。トランクから純正までは、ツイスト線を使用して接続しています。ちなみにこの配線ってカテゴリー5だったかな..【゚Д゚】ハァ?!
あんなに散らかしていましたが、最終的には
CA340153.jpg
ここにきっちりと収まりました(・∀・)♪+.゚

さて、肝心の音のほうですが、こんなヘッドだけみたいなシステムですけど出てきた音は紛れもなく音楽でした(・∀・)スンスンスーン♪LR32が濃いww
シャープでダイナミックなハイスピードサウンドです。こんなシステムで、こんな音が出るなんてビックリですわ。しかも、ドア制振してないんですよね。それでもびびらないです。内張も。立て付けがしっかりしてるからですかね。

◆今回の作業の補足です。(あくまでも、自分の車での結果のメモ程度ですが)
 ①アンプをボディアースするとよくなかった。鉄板に直づけせずに浮かせて設置してます。
 ②太い線では、押し出しがイマイチだった。
 ③アースの配線の長さで、音の出方が全く違った。しかもボリューム位置まで変わりました。
 
③が一番興味深い結果でした。昔、配線の長さで音の(・∀・)イイ!!長さがるとかないとか。オスカルかパスカルかなんか思い出しましたわ。
アースって太く短くが基本なのに~。音の(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ長さは、必要な長さより4、5倍の長さでした。音が変わるというか、エネルギーの集まる箇所が変わるという印象でした。
これってスペアナがあったら過視化出来るとちゃう?ってくらいの変化でしたね~。これにもビックラこいたビックラこいた~ヽ(´Д`;)ノ ランタ タン♪

最後にカーオディオはモノが鳴るのでなく、ボディが鳴らすことを思い知らされました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hiyorimachi.blog51.fc2.com/tb.php/81-69476e16