うちの車、リアが上がりすぎている?前のめりなんです。
DSC03143.jpg
フロントを上げることは難しいので、リアを下げたい。

ところが、リアの車高調を廃止して取り付けた直巻きスプリング。
簡単に車高を下げることが出来ません(。´・ω・`。)ショボーン
調整機構があっても、ストロークがないので無理という、厄介な車です。
そこで、浮上した案がバンプラバーを加工すれば、イイ感じで、リア車高が落ちそうな..。

これが噂のバンプラバーです。
DSC03186.jpg
バンプラバーの座面をカットして、アームにスプリングを直に付ければ
1cmくらい下がりそうです。(座面の厚み分、車高が下がる計算です。)

ちなみに、このバンプラバーは
DSC03185.jpg
この2つのポッチでアームに取り付けられてました。

今回のいらん部分を
DSC03184.jpg
落書きしています。ここをカットするわけです。

ところが、このバンプラバーは、ゴムでコートした複合素材で出来ていました。
鉄のためハサミで切れませんでしたわ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
甘かったっす (((´・ω・`)カックン…

いきなり壁にぶつかりました(゜◇゜)~ガーン
ここで、やっつけ仕事が得意な匠さんの力を借りました
って最初から借りっぱなしですけどぉ
匠は、匠サンダーで、バンプラバーを一刀両断ですゞ( ̄∇ ̄;)おいおい

加工は、ざっくりとカットし、細かく修正しました。
ここからは、再現フィルムでどうぞ(WEEKENDER調)

[広告 ] VPS

そして、バネの内径にあわせて

[広告 ] VPS

丸く加工しています。フォースの力を信じないと丸く削れませんね( ̄∇ ̄;)おいおい

これが完成品です。透明の樹脂がスプリングのカラーになります。
DSC03193.jpg
フリーハンドで削ってるのに、丸く削れてますね(*^ー゚)b グッジョブ!!
匠の技 ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゜Д゜) ス、スゲー!

裏側です
DSC03194.jpg
全く問題なっしぶるです。

1個作るのに1時間半ほどかかりましたが、2個目は30分ほどでした。
一個目の加工で、加工方法を学習したらしいです。
さすが現代の匠ですわ ∑d(*゚∀゚*)チゴィネ!!

では完成したきたバンプラバーを
DSC03196.jpg
アームに取り付けました。ピッタンコって、当たり前かw
たぶんポッチ1個でも問題ないでしょうゞ( ̄∇ ̄;)おいおい

アブソーバーを固定して、バネを組むと
DSC03198.jpg
スプリングの遊びなし、バネのイニシャルも、ほぼ0の状態です。
ジャッキアップしてもバネの遊びはないので車検対応(・∀・)♪+.゚
偶然ですけどぉ。

切って貼ったの突貫工事。
この作業の結果は
DSC03202a.jpg
こんな感じに決まりましたw
リアの車高が下がったので、トーとネガキャンが変わりました。

今回の作業は、元に戻せないので
よい子はマネしちゃあきません(・∀・)♪+.゚

次回の走行してみた(o゚ω゚o)ぉ♪編に
つづくゞ( ̄∇ ̄;)おいおい

ポチッと応援よろしくお願いします┏(<:) ペコチョン♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
twitter / kindousan
blogram投票ボタン
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ


◆いつもお世話になってます
楽天トラベル株式会社

◆感謝の気持ちをこめてみる
花を贈るなら日比谷花壇へ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hiyorimachi.blog51.fc2.com/tb.php/494-337dcddf