2010.04.18 こども論語塾
日経のメルマガ読んでいると話題の本があるいう記事が目に入ってきました。
会社で暇つぶしにいつもメルマガ読んでいるんですがゞ( ̄∇ ̄;)おいおい

『言葉の微妙な感性を鍛える、翻訳力』

抜粋
外国語翻訳などを行っている方は痛感していることと思いますが、翻訳には基本的な母国語の力、つまり日本語の語い力が試されるということです。当たり前のことですが、基本的に日本語化しなければならないので、語い力が豊富でないと訳文の選択肢がなくなるということです


σ(*・∀・)私の親友も
『正確に翻訳するために内容を熟知する必要がある』
と言ってました☆・゚:*.....φ【・ω・o★】なるほど!*:゚・☆
できる人は考えることは同じですね。

σ(*・∀・)私の仕事は翻訳ではありません。
また語学力の超乏しいσ(*・∀・)私には、翻訳の全てを理解出来はずありません。
仕事に関係ないのにナゼと言われると
『言葉の微妙な感性を鍛える、翻訳力』
この題にある
『微妙な感性を鍛える』
に非常に惹かれました。そして、このキーワードにもアンテナ立ちまくりですww
1. 語い力
2. 表現力
3. おもいやる力
ここで紹介されていた本は
DSC00069_20100417190919.jpg
【こども論語塾】という本です。

実際に読んでみるとしい論語すんご~く分かりやすく、しかもカラフルで書かれてるんですよ。
子供のためなので、当たり前ですね( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

ちょっと雰囲気を味わっていただきたいので『ちら見』
DSC00070.jpg
ね?めっちゃカラフルで、すごくとっつきやすく出来ています。
分かりやすそうでしょう(・∀・)♪+.゚

σ(*・∀・)私自信、少し『論語』に触れてみて人として大事なことが詰まっていたんですね。
『論語』を改めて見直しました。

学生の頃、漢文ってめっちゃ嫌いだったんですよ。先生もヾ(`д´;)ォィォィ
あーあのころに こんな本があれば好きに..なってないですね。
今だから分かるような気がします。

興味があれば是非読んでみてください。

ちなみに私的にお勧めですが、最初のキーワードに対する教材となりうるか?
(_-_) ウーンσ(*・∀・)私の血の巡りが悪い頭では、そこまで達成できないようですわ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \と笑ってごまかします(・∀・)♪+.゚

ポチッと応援よろしくお願いします┏(<:) ペコチョン♪
twitter / kindousan
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hiyorimachi.blog51.fc2.com/tb.php/345-ff5ea765