M3DS REALを衝動がしました。
REAL01.jpg
早速中身を拝見ですw
M3本体、ランブルRAMパック、USBがセットになっていました。
REAL02.jpg
使ったmicroSDはSANDISKです。まあ、2Gもあれば十分でしょう。
まずはここからカーネルをダウンロードしてきました。
ダウンロードしてくると、このファイルネームのZIPファイルがダウンロードされてきます。
down.jpg
そして、このファイルを解凍すると
SYSTEM.jpg
SYSTEMというファイルが解凍されます。さて、このSYSTEMをダブルクリックすると、この中身は
REAL10.jpg
こんな感じになっています。
ここに、新たに『DSN』『GAB』『skin3』というフォルダを作ります。skinは9個まで対応しているそうです。skin3はskinを新しいskin用です。こんな感じフォルダを作りました。
REAL13.jpg
さて、microSDにコピーして実際にM3 REALを起動させてみると..
REAL03.jpg
こんな画面が出てきます。σ(*・∀・)私の購入したのはENGLISHバージョンなので、ENGLISHを選びます。そうすると..
REAL04.jpg
起動しました(・∀・)♪+.゚ 色々とアイコンがありますが、直感的に使えると思います。

ここで、さっき作ったフォルダがDS用とGAB用のアイコンに割り付けをします。
DSもGABも同じやり方なので今回はDS用で説明します。
まずDSのアイコン合わせてAボタンを押すか、そのアイコンをタッチして、DSのスタートボタンを押すと
REAL08.jpg
この画面が現れます。そして十字キーでSYSTEMを選んで、Aボタンを押すと
REAL09.jpg
SYSTEMの下階層のフォルダが出てきます。ここで事前に作っておいた『NDSフォルダ』をえらんでAボタン押すと
REAL14.jpg
この画面が出てきます。
ここで、タッチペンでOKを押すかAボタンを押すと次回から、NDSのアイコンを選ぶとNDSフォルダ内にショートカットしてくれます(o・ω´・o)bグッド
GABも同じようにすれば設定完了です。

次回はskin編を換えて遊んでみたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hiyorimachi.blog51.fc2.com/tb.php/113-c0c083c8